• ぴこInstagram
  • ぴこTwitter
  • ぴこYouTube

Copyright(C)2018 PICO

Brush Music Entertainment

regret

 

作詞 ぴこ 作曲 ぴこ

 

一人で歩く冷たい風の中
凍えそうな手と心の寂しさの埋め方を
もう忘れちゃったよ

隣にあなたの温もりがない
そんな現実(いま)を受け入れる
前を向いてるはずなのに
思い浮かぶのは背中ばかり

 

もっと分かり合えてたら
もっと話し合えてたら
私の手は今もあなたに包まれてた?

 

素直になってれば 気持ち伝えてれば
こんな後悔に出会うことはなかったのかな
なんで今更 遅いのはわかってる
ほんと、バカだな、私。やっと気づいた

 

色づいた街 あなたの面影はない
二つ並んでた影はポツリと一つだけ寂しく映る

 

あなたとあたしはもう別々の道を步いて行く
それが幸せならば

 

どんなに悔やんだって戻れはしないの
あなたの声も温もりも もうさよなら
あなたが幸せならもう何も望まない
寂しいけどもう前を向いて進むの

 

またいつか二つの影が並ぶ時が来たなら
もうこの温もりは離さない
暖かい日差しが背中を押してくれる
あなたに背を向けてゆっくり歩き出すの

 

溢れ出る思い出は箱の中に詰めて
そっと鍵をかけて心にしまうの

 

素直になってれば 気持ち伝えてれば
こんな後悔に出会うことはなかったのかな
この先誰を好きになったとしても
きっとあなたはずっと特別だよ